豊田ゴミ屋敷火災の真実
2015年09月13日 (日) | 編集 |


迷子猫を探しております!
あま市のボランティアさんが譲渡した猫が
4月24日深夜にマンションから飛び降り脱走してしまいました。
心当たりのある方は、ご連絡お願いいたします。

e7f68c0130186e8b83a64a877fa60a58.jpg

IMG_2754.jpg


行方不明場所:豊川市御津町
名前:チャコ
1~2歳
避妊済みのメス猫(耳カットあり)
白とマロンの長毛
あまり人に馴れていません。

連絡先:nekoba84@yahoo.co.jp 小林まで




**** おおぶ地域ねこの会さんからの転載です ****

この話を豊田地域猫の会の代表徳留さんから聞き、
改めて野良猫と人との関わりの深さを感じた。
この8月、豊田ゴミ屋敷火災、と
テレビでも話題となったゴミの家。
10数年以上も近所の住民の悩みの種だった。
歩道にはみ出てる分のゴミは行政も撤去できるが、
家の中までは踏み込むことができず、
何ともできなかった。

その家の住人は8匹の野良猫を世話していた。
徳留さんは、その地域に地域猫活動を展開するために、
その住人の元に何回も通い、猫たちのために、と
説得を続けた。
それまで誰にも心を開かなかったおじさんが
猫達の為に変わった。

会員とご近所の地域猫に賛同した人達が、
ゴミの家の掃除を手伝い、ゴミの家が生まれかわった。
勿論本人も喜び、これからは自治会費も払うと言ったし、
もっとも喜んだのは近所の人達、その地域の人達。
今まで誰にも手もつけられなかったことが
地域猫活動によって解決したのだ!
徳留さんの心が通じたのだと思う。

もっとも身近にいる野良猫の命を通して、
今まで解決しなかったことが解決した、
その矢先の火事。
マスコミでは、単に
”ゴミの家が火事になった”、
としか報道されなかった。

何故ゴミの家になったのか、原因はあるはずだ。
そして、その報道の内容では、

何がきっかけでゴミの家が生まれ変わったか、
なんて誰にも分からない。

マスコミは、地域猫活動がその陰にあったことには触れず、
ただ視聴者にうけることだけしか出さない。

だから知ってほしかった。

(写真は豊田地域猫の会さんからです。)

gomi1.jpg

gomi2.jpg

gomi3.jpg

このごみ袋は、室内の分です。

gomi4.jpg

猫トイレも設置!

gomi5.jpg

※追加情報です。

猫たちは、幸いみな無事でした。
火災の2週間前に地域猫活動がスタートし、
火災後も継続中です。

8匹の猫たちは、地域猫として
地域の人たちにみてもらっています。

※今回の火災で被害に遭われた方にお見舞い申し上げます※



ハーツよりご寄付のお願い


現在東三河には沢山の野良猫がおり、ゴミあさり、糞尿被害にあう住民に嫌われ、保健所へ持ち込まれたり、毒を撒かれる犯罪事件にまで発展しています。
そんな不幸な命を増やさないため、また猫が苦手な方が猫の被害にあわない為にも猫を避妊・去勢手術することで、猫の数を確実に減らし、一代限りの猫を大切に見守り、人と動物が共生できるまちづくりを実現するため、日々活動しておりますが、活動資金が不足しているのが現状です。
活動の応援よろしくお願いいたします。

郵便振込口座
記号 12000
番号 1685701

蒲郡信用金庫
豊橋支店
普通 0872437

東三河動物福祉の会ハーツ




ハーツのホームページFacebookを始めました!
こちらもよろしくお願いいたします。




アマゾン欲しいものリストを設置しました。
ハーツに物資が届き、猫のフードやシーツ等ご寄付いただけます。
ハーツ必要物資リストからご注文ください。
猫たちの為に大切に使わせていただきます。

ハーツではそのほかの支援物資も受け付けております。
ご自宅で、下記の使わなくなった猫用品ございましたらぜひご寄付ください。
豊橋、豊川あたりにお住まいであれば会員がご自宅まで引き取りに行きます。
持ってきていただける方は、毎月開催の「野良猫問題相談会(毎月第三日曜日13時半~16時頃 ふれあいコープあんず2F )」にご持参ください。
開封済や期限間近でも可です。

・ロイヤルカナン(全年齢)
・猫缶(メーカー問わず)
・サイエンスダイエット、ロイヤルカナン(全年齢)
・システムトイレ用の砂(下に砂が落ちるタイプは除く)
・システムトイレ用シート





↓↓↓ブログランキング参加中です。
沢山の方に知ってもらうために、
一日一回応援クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村
関連記事