京都市動物愛護計画改定案のパブコメ !
2016年01月15日 (金) | 編集 |
迷子猫を探しております!
あま市のボランティアさんが譲渡した猫が
4月24日深夜にマンションから飛び降り脱走してしまいました。
心当たりのある方は、ご連絡お願いいたします。

e7f68c0130186e8b83a64a877fa60a58.jpg

IMG_2754.jpg


行方不明場所:豊川市御津町
名前:チャコ
1~2歳
避妊済みのメス猫(耳カットあり)
白とマロンの長毛
あまり人に馴れていません。

連絡先:kumako13.yukiko14@gmail.com 古橋まで




**** ハーツ活動日誌【2016.1.15】 ****

京都市では京都市動物愛護行動計画改定案に関するパブリックコメントを募集しています。
この中の3ページ目にまちねこ活動支援事業の拡充、野良猫への給餌に係る届出制度の実施とあります。
以下、ペット法塾さまより転載です。

京都市動物愛護計画改定案のパブコメ

 京都市愛護計画改定について、野良猫餌やりについて、次のパブコメを京都市宛に送信をお願いいたします。
平成28年1月6日
1 パブコメ期限
  平成28年1月15日(金)
2 送信先(郵送、FAX、電子メール)
  〒604ー8571(住所記載不要)
   京都市保険局 保健衛生推進室 医務衛生課 動物愛護担当
  FAX:075-222-3416
  E-mail:eisei@city.kyoto.lg.jp

第1 京都市愛護計画改定(パブコメ意見集)に次の記載があります。
「施策目標の達成に向けた取組内容、施策目標①殺処分数の大幅な減少
  1 適正飼養の徹底(新たに掲げる取組)として「所有者のいない猫の適正な管理の推進 まちねこ活動支援事業の拡充 野良猫への給餌に係る届出掲示制度の実施」
1 パブコメ意見(自由に1部分でも転用して下さい。)
(1) 野良猫の避妊去勢をして餌やりをして保護している活動は、街の環境と、野良猫をなくすための正しい活動をしている。
 京都市「動物との共生に向けたマナー等に関する条例」(いわゆる「野良猫餌やり禁止条例」)による「京都市野良猫への給餌に係る届出掲示制度実施要綱」は、これにおびただしい規制をして禁止をし、届出制により過大な負担を課し、猫餌やり活動をする人に一切の責任をこれらの公益活動者に課して事実上餌やり禁止、規制をするものである。
 京都市愛護計画改訂の「所有者のいない猫の適正な管理の推進 野良猫への給餌に係る届出掲示制度の実施」に反対する。
(2) 上記の要綱は、餌やりについて、自治会等への給餌者等の連絡先を示し、給餌者は複数であること、給餌場所は自宅、自己使用地に限り、給餌を行う時間帯は早朝,深夜を避けて決まった時間帯にすること、ふん尿や毛等は腐敗や飛散を防止すること、猫の頭数は給餌者1人につき5頭以下、個体を特定して管理してそれ以外のものに給餌を行わないことなど、野良猫への一般的保護行為を否定する規制が規定されている。また、届出掲示制度は、無届け行為を規制し、行政が猫餌やり行為を管理をする制度というべきもので、届出をした者は,上記の野良猫餌やり要綱に沿った届出書類等の提出をし、1年ごとに,更新の届出と状況の報告を行うもので、多大な負担を課すものである。市は,届出済の給餌について,勧告・命令をする前に助言及び指導を行うとされる。
要綱の「野良猫への給餌に係る届出掲示制度の実施」は、個人の猫餌やりを事実上制限、禁止をし、規制を厳しくして罰則で強化することであり、野良猫虐待(動物愛護法44条)、行政の動物愛護法の遵守推進義務(同法3条)に反する。
(3) 野良猫への対応の基本は、行政は、「全てを手術してゼロにする。」ことである。行政はこれを宣言、広報をすべきである(同法3条)。
  餌やり禁止をすることは、猫への虐待となり、動物愛護管理法に違反する。飢えさせることは猫の見た目も健全ではなく、ゴミのような状況になる。街の環境にも悪い。そのような野良猫の餓死した状況は街の環境を考えればなお悪い。猫との共生の街とは言えない。
  餌やり禁止をして、その野良猫がなくなることは考えられない。放置をすれば野良猫はヤミで食餌をし、出産をし、それが従来通り継続をしていくことが考えられる。野良猫は昔からいたし、それが邪魔だとしてゴミとして殺処分行政がされてきた。しかし、野良猫の殺処分は行政とは言え動物愛護法と同付帯決議に違反し、犯罪というべきで許されない。その野良猫は、野良猫問題として、行政が責任をもって管理をすることとなる。
野良猫問題とは、野良猫をゼロにすることが第1である。猫嫌いの人、猫を迷惑と思っている人、猫の福祉、餌をやる人、の全てに利益のある「野良猫を0にする活動」は、地域社会の利益であり、行政の責任である。
  個人のボランティアが野良猫問題解決のために、自腹を切って避妊去勢と保護をして解決への努力をして来た。京都市条例、要綱は、猫餌やりとボランティアだけに野良猫問題の責任を負わせて、公益問題を押しつけ手術を施す責任を押し付けるのはおかしい。それでは社会の野良猫問題は解決ができない。地域にいる野良猫は、社会が担うしかない。費用、捕獲技術、労力は行政支援が無ければ不可能といえる。
  京都市の、上記「野良猫要綱」の実施のために、本京都市愛護計画の「野良猫への給餌に係る届出掲示制度の実施」は、猫餌やり禁止の規制を更に強めるものであり、個人の野良猫問題解決のための努力をする人達を規制して排除をすることは上記の通りであり、餌やりを規制、禁止は、野良猫の虐待であり、野良猫問題を解決する方向とは逆の行政である。上記により「野良猫への給餌に係る届出掲示制度の実施」に反対する。

市民意見募集リーフレットは下記アドレスからでも参照できます。

http://www.city.kyoto.lg.jp/templates/pubcomment/cmsfiles/contents/0000191/191700/rihuretto.pdf

よろしくお願いします。

<フードのお願いです。>
8月のお盆過ぎから、これまでの2カ月弱で、19匹の猫の手術をしました。
そのうちの12匹は昨年から130匹の手術をした公園に新たに捨てられたと思われる猫です。
生後5カ月くらいから2歳くらいまでの若い猫ばかりで、その半数以上はよく人馴れしていて、手術後にリターンするにしのびなく、ハーツで保護して里親探しをする事になりました。
また保護猫が増えてしまいました。
なぜ公園にこんなに成猫が捨てられるのか・・どう考えても分かりません。
これから寒くなって、冷たい雨が降っても、雨を凌ぐ屋根もない公園に、今もまだ70匹もの猫達が暮らしています。
私達は少ない人数で協力しあって、1日も休まずフードを届けています。
公園の管理者の許可を得て、全ての不妊、去勢手術をする事を条件に決まった場所でフードと水を与えています。
この公園では、キャネットという2.7Kgのフードの袋が1ヶ月に124個必要です。ハーツの費用ではとてもまかないきれず、会員が個人で負担しています。それも限界が来ています。ぜひ皆さんからのご寄付をお願い致します。

現在、ハーツ全体では200匹の猫を保護しています。
医療費が不足しています。応援いただけるようよろしくお願いいたします。
またシステムトイレの砂・シートなども不足しています。
フードなどはサンプル・少しの期限きれ・開封済みでもかまいません。
送っていただける方はメール下さい。住所をお教えします。
どうぞよろしくお願いいたします。
連絡先:kumako13.yukiko14@gmail.com 古橋まで
アマゾン欲しい物リストからもお送りいただけます。

また豊橋、豊川あたりにお住まいであれば会員がご自宅まで引き取りに行きます。
持ってきていただける方は、毎月第1、第3土曜日開催の「野良猫問題相談会(毎月第1、第3土曜日13時半~15時半頃 ふれあいコープあんず2F)」 (豊橋市牟呂町字松崎15)
*現在、改装中で使用不可になっております。現在の会場は前会場、コープあいち、あんずの右隣のマンション管理棟になります。 パストラルハイム管理棟 和室 (豊橋市牟呂町松崎1-4)駐車場のご案内は下記の電話に。
お問い合わせ先 (070)5330-8753 または (090)6461-0049 よろしくお願いいたします。
*どうぶつの引き取りは致しません。
よろしくお願いいたします。

ハーツ代表 クマコ



ハーツよりご寄付のお願い


現在東三河には沢山の野良猫がおり、ゴミあさり、糞尿被害にあう住民に嫌われ、保健所へ持ち込まれたり、毒を撒かれる犯罪事件にまで発展しています。
そんな不幸な命を増やさないため、また猫が苦手な方が猫の被害にあわない為にも猫を避妊・去勢手術することで、猫の数を確実に減らし、一代限りの猫を大切に見守り、人と動物が共生できるまちづくりを実現するため、日々活動しておりますが、活動資金が不足しているのが現状です。
活動の応援よろしくお願いいたします。

郵便振込口座
記号 12000
番号 1685701

蒲郡信用金庫
豊橋支店
普通 0872437

東三河動物福祉の会ハーツ




ハーツのホームページFacebookを始めました!
こちらもよろしくお願いいたします。
*収支報告はホームページに記載してあります。そちらをご覧下さい。




アマゾン欲しいものリストを設置しました。
ハーツに物資が届き、猫のフードやシーツ等ご寄付いただけます。
ハーツ必要物資リストからご注文ください。
猫たちの為に大切に使わせていただきます。

ハーツではそのほかの支援物資も受け付けております。
ご自宅で、下記の使わなくなった猫用品ございましたらぜひご寄付ください。
豊橋、豊川あたりにお住まいであれば会員がご自宅まで引き取りに行きます。
持ってきていただける方は、毎月開催の「野良猫問題相談会(毎月第1,3土曜日13時半~15時半頃 ふれあいコープあんず2F )」にご持参ください。開封済や期限間近でも可です。
*現在、改装中で使用不可になっております。現在の会場は前会場、コープあいち、あんずの右隣のマンション管理棟になります。 パストラルハイム管理棟 和室 (豊橋市牟呂町松崎1-4)駐車場のご案内は下記の電話に。
お問い合わせ先 (070)5330-8753 または (090)6461-0049 よろしくお願いいたします。
*どうぶつの引き取りは致しません。
よろしくお願いいたします。


・ロイヤルカナン(全年齢)
・猫缶(メーカー問わず)
・サイエンスダイエット、ロイヤルカナン(全年齢)
・システムトイレ用の砂(下に砂が落ちるタイプは除く)
・システムトイレ用シート






↓↓↓ブログランキング参加中です。
沢山の方に知ってもらうために、
一日一回応援クリックお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

関連記事